足の臭いケアのために靴は干して、足のケアも欠かせません

Stinking shoes足の臭いケアのために、履いた靴は必ず天日に当てるようにしています。

ウォーキング後のスニーカーは汗を吸って特に臭うような気がして仕方ないので、直ぐにベランダに持っていきます。

ただ干して、風にあてるだけですが、玄関に置いておくことに比べて、清潔感が増します。

長靴や、皮革製のパンプスやサンダルも、磨いて汚れを落とすついでに、風に当てるようにしています。

バレーシューズや、スニーカーを、短いソックス無しで履いてしまって、靴にも足にも臭いがついてしまいとても困った経験があるので、必ず素足ではなくソックスやタイツ等を履くということも足の臭いケアの鉄則になっています。

「ティー・ツリー」という植物成分は、足の臭いケアとして有効で、足そのものをすっきり、さっぱりさせるということを聞いたことがあって、マッサージジェルとして使っています。

ボデイケア用品のショップで購入しています。

その時に、かかとの角質ケアや、ネイルの甘皮処理をするので、足を臭いケアにもなっているかもしれません。

これらをするだけで、足が臭って困ったことは無いので、特に気にしていませんが、お座敷での食事会や、友人のお宅にお邪魔する時には、マナーとして、足専用の消臭スプレーをシュッとしたり、靴下等を履きかえるといったことはしています。

それも、玄関先でスプレーをシュッとすることは勿論できないので、お店やお宅に向かう途中の化粧室等で済ませます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です