ニキビができて良かったと思った一度だけの経験。

Beautiful asian woman私はいつでもニキビができています。
小さなニキビに関してはいつでもできていて、大きなニキビもたまにできます。
大きなニキビは、見た目的にとても恥ずかしいですし、かゆくて嫌です。
そして、かゆいからついかいてしまうと、今度は痛くなってしまうのです。

良いことは一つもありません。
しかし、学生時代に一度だけ、ニキビがあってよかった…と思ったことがあります。
それは、大学生の夏の時のことでした。
久しぶりに大きなニキビができて、学校に行くのが恥ずかしくて嫌だなあと思いながら学校へ向かいました。
すれ違う人の視線を感じながら学校に着いて友達に会った時、私に気をつかってか、誰も何も反応してくれませんでした。

それが逆に恥ずかしさを高めました。
そのせいで気分が沈んだ状態になり、体育の時間になりました。
体育館へ着替えて向かい、体育館内を歩いていたら、同じクラスの少し話したことのある子が話しかけてきたのです。

「大きいのできてますね〜!」と、声をかけてきました。
驚きましたが、その友人が少しふざけた調子で声をかけてくれたため、私もふざけた調子で言葉を返すことができました。
とても嬉しかったことを覚えています。

そしてそれがきっかけでその日の体育はその友人と色々話し、その後も前よりも話すようになりました。
まさかニキビがきっかけで話すようになるとは思っていなかったので、ニキビができてよかった…と、その時だけは思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です