足の臭いケアは清潔を保つこと

1私はもともと汗かきな体質で、足の裏にも汗をかきやすいようです。
そのため、以前は靴を脱いで部屋に上がると自分はもちろん他人からも指摘されるほど足の臭いを発していました。

他人から臭いと言われるほど恥ずかしいことはないので、以来足が臭わないようにするための努力をするようになりました。

まず、靴下は毎日洗濯して清潔にしておく、これは当然のことです。また全ての靴下は半年で廃棄し、新しい靴下を買い揃えます。
靴についても同様で、脱いだ後は、通気の良いところに置いて雑菌が繁殖しないようにします。

そして半年で新しいものに買い換えます。
もちろん、足そのものについても、常に清潔を保つように心掛けます。

足指の爪は間にたまった汚れが臭いを発しやすいので、こまめに爪切りをします。

また、毎日の風呂・シャワー時に足指の間や、踵や足の裏などの垢をこすってきれいに落とします。
ボディーソープで足首以下の全体をよく洗い、風呂場を出たあとは、水分をよく拭き取って足指・足裏などをマッサージします。

このようにして、まずは臭いの元となる雑菌の繁殖を極力防げば、汗をかいても明らかな臭いはしないようになります。そして、万全を期して出掛ける際には、靴内と靴下に消臭スプレーを掛けて臭いを予防します。
これだけのことをやるようになってからは、外で靴を脱ぐ機会があっても臭いを他人に指摘されることはなくなりましたし、自分でも臭いが気になることは無くなりました。

他にも足の臭いを治す方法が紹介してあるサイトもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です