原因は本当に様々ですが

7足の匂い、これは当人はあまり気がつかないと言うことが、往々にしてあります。

知人の話ですが、マイクロバスで旅行に出た時に何とも言いがたい匂いがして、周りを見渡したところ、乗客の一人が靴を脱いでいたそうです。幸か不幸か、知り合いだけの旅行だったので、「何か匂わない?「何だろうね」とか言い合った結果、ご当人が気づいてくれたらしく次のSAで足を洗ってきたそうです。
笑い話のようですが、無いとは決して言えない話でしょう。

足の匂いは雑菌の匂いだという事ですが、どうしても靴の中で蒸れてしまい脱いだ時に匂う、これは中々避けられません。
出来ることはまず、上の話の人のようにこまめに足を洗う、ソックスをこまめに取り替える、通気性のいい靴を履く、この辺りです。
裸足で靴を履くことは避けたい所です、雑菌の繁殖をひどくしますのでお止めになるほうが賢明でしょう。
会社のロッカーなどには、ソックスの替えを常備しておくことをお勧めします、可能ならば仕事中はサンダルとか密閉性のない靴が履ければいいのですが。

また風呂で足を洗う時に、重曹を使うのも手です。
重曹は油落としには効き目のあるものですし、ある程度の消臭効果もあります、浴室に常備しておくといいかもしれませんね。足の裏の余分な油を落として、匂いも除去してくれますので。

後は、匂いを隠そうとして、匂いのある消臭剤とか使うことは避けた方がよろしいです。下手をすると、匂いと匂いが混ざって、それこそ悲劇的な匂いになりますので。